APISQUEEN GEMINI 3-7S LiPo 100A 2-in-1 ESC 、2 つのモーター/スラスターを制御

  • $121.80
    単価 あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。


サポート電圧: 3-7S LiPo
連続電流: 100A
重量: 506グラム
防水等級:IP68

強力で高性能な MCU を採用。
ツーインワン設計で、2 つのブラシレスモーターを制御できます。
優れた互換性を備えた水中スラスター用に最適化されたファームウェア。
スラスター用の特別なプログラム、使用中のスロットル調整に対する素早い応答。
ファームウェアは適応性が高く、非常に使いやすく、安定性とバッテリー寿命のバランスが取れています。
最大 50Hz のリフレッシュ レートのスロットル信号をサポートします (注: スロットル信号 >=500Hz は非標準です)。



ESC設定



ソフトウェアのダウンロード リンク (リンクをクリックしてダウンロード): https://cdn.shopifycdn.net/s/files/1/0621/5493/2452/files/ApisQueen_tool.zip?v=1677690776

[COM ポートが見つからない場合は、Ch340 または Ch341 ドライバーをダウンロードしてインストールする必要があります。 USB を使用してコンピュータと ESC 信号線を接続し、[ツール] をクリックして COM ポートを選択し、[接続] をクリックして ESC の電源をオンにし、接続が成功したことを確認します。その後、Readpara がパラメータを読み取り、対応するパラメータを変更して、[クリック] をクリックします。 Writepara を書いて保存します。 】

APISQUEEN Suite を使用したセットアップ

APISQUEEN USB ケーブルを介して ESC を PC に接続します。コンピュータで APISQUEEN Suite を開き、COM ポートを選択し、「接続」をクリックして、緑と赤のライトが同時に点滅している場合は、ESC の電源を入れます。接続は成功しました。

「Readpara」をクリックしてパラメータを読み取って変更し、「Writepara」をクリックして選択したパラメータを復元します。

赤のパラメータ設定ファイルは「ファイル」メニューから保存できます。

A1: 実行モード
前進/制動:
これはレーシング モードです。このモードでは、モーターはスロットルをニュートラルより上に押すと前進し、スロットルをニュートラルより下に押すとブレーキがかかります。

前進/ブレーキ/後進:
これはトレーニングモードで、最初にスロットルをリバースレンジまで押すとブレーキがかかり、再びスロットルをニュートラルに押すとリバースしなくなります。逆行する。

順方向、逆方向:
このモードは、主にクローラー車両に使用されます。スロットルを前進ギアから後進ギアに押すと、スロットルが後進レンジから前進ギアに押し込まれ、動作原理は同じです。

フォワード:
これは一方通行であり、後進やブレーキはありません。

A2: 低電圧保護
保護なし/SLOW-DOWN (電力半分)/CUT-OFF (シャットダウン)

A3: 電池の種類
バッテリーがデフォルトで LIPO ではない場合は、バッテリーセルが正しく検出されるように、正しいバッテリータイプを選択してください。 サポート:LIHV/LIPO/NIMH/LIFE。

A4: バッテリーセル
バッテリーセルの数を手動で設定することも、「自動」に設定してバッテリーセルの数を自動的に検出することもできます。

ESCの電源を入れてモーターに接続すると「♪…」という音が鳴り、電池が1個の場合は「♪」、電池が2個の場合は電池の数が検出されたことがわかります。 「♪♪」音など。 バッテリーセルが正しく検出されない場合は、手動で設定してください。

A5: バッテリー電圧
電池ごとにカットオフ保護電圧を設定できます。 LIHV または LIPO が選択されている場合、電圧値は下の線を参照します: 2.9、3、3.1、3.2、3.3、3.4、3.5。LIFE が選択されている場合、電圧値は上の線を参照します: 2.2、2.3、2.4、 2.5、2.6、2.7、2.8 ; NiMH バッテリーには低電圧保護がありません。

A6: ESC 熱保護
温度レベルを設定して、過度の温度による ESC の焼損を防ぐことができます。 一部の製品は温度保護をサポートしていない場合があります。

A7: パルス幅変調周波数
周波数が高いほどモーターは滑らかになりますが、ESC の温度も上昇しますので、それに応じて適切な値を選択してください。

A8: 最小電力
これは、ESC の最小出力設定です。小さいスロットルでモーターを始動する場合、設定値が大きいほど、モーター速度が速くなります。

A9: 方向

センサーレスモーターを使用している場合、モーターの回転方向を変更したい場合は、3本のモーター線のうち任意の2本を交換するか、このオプションで変更することができます。

A10:BEC電圧
このシリーズの船舶用 ESC はデフォルトで 5.5V に固定されており、7.4V または調整可能な電圧が必要な場合は、ご注文前にご確認ください。

A11: 同期補正
一般に、迅速な停止応答が必要なアプリケーションには ON が使用され、自然でスムーズな停止が必要なアプリケーションには OFF が使用されます。

B1: 最大逆強度
これは、全前進速度に対する全後進速度の割合を設定します。

B2:最大制動強度
制動強度は、最大制動強度レベルを設定します。

B3: 制動率
ブレーキ応答速度を制御します。ブレーキ応答性が低いほど、ブレーキ応答性は遅くなります。ブレーキ応答性が高いほど、ブレーキ応答性は速くなります。

B4: ブレーキ頻度
周波数設定が低いほどモーターの制動力は強くなり、周波数設定が高いほどモーターの制動力はより滑らかになります。

B5: モーター速度

これはスイッチング速度の逆調整で、値が大きいほどスイッチングが速くなります。

B6: スロットル速度
スロットルを制御する加速度です。スロットルが低いほど加速は遅くなり、スロットルが高いほど加速は高くなります。

B7: ニュートラル幅
これは、さまざまなレーサーにより良いエクスペリエンスを提供するためにニュートラルの幅を設定するためです。

B8: スロットルカーブ
スロットルカーブを設定します。

B9: 値を柔らかくする

MODIFYレーシングにおけるスロットルカーブを柔らかくするためのもので、0はソフト効果なし、7はソフト効果が強いことを意味します。

B10: タイミング
手動で時刻を設定できます。

B11: ブザーオン/オフ
ビープ音を手動でオンまたはオフに設定します。

安全上のご注意

バッテリーの電圧が低い状態で長時間操作しないでください。 これはバッテリー寿命に影響を与え、ESC の効率を低下させます。
ESC が過熱した状態で長時間動作させないでください。MOS チューブが損傷し、ESC が損傷しやすくなります。
モータに異物が挟まったまま運転を続けると、モータやESCの寿命が短くなりますのでご注意ください。
ESC を過電圧状態で使用しないでください。ESC が損傷したり、ESC の耐用年数に影響を与えたりする可能性があります。
電源を接続する際は、プロペラの回転範囲内に物がないことを確認してください。
危険でない場合は ESC を使用してください。
損傷した ESC (電極の逆接続や湿気による損傷など) は再使用しないでください。 誤動作の原因となったり、目的を達成できなくなる可能性があります。
ESC はバッテリーからのみ電力を供給でき、電源ユニットからは電力を供給できません。

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)